数学者Fourierのよもやま話


[ Follow Ups ] [ Post Followup ] [ Arienter WWWBoard ] [ FAQ ]

Posted by Hiro on November 20, 1998 at 10:31:11:

みなさん,お元気ですか?

------------------------------------------------------
ランダム変動の解析の基礎になるのがフーリエ解析です。
任意の周波数関数を三角関数の級数として表わす方法は,
19世紀の前半代にフランスの数学者Fourier(フーリエ,
1764-1830)によりはじめられた。彼は固体中の熱伝導問題の解析に
この方法を駆使して熱伝導理論を創始した。
しかし,当時のフランスの数学会の第一人者である
Lagrangeですら,特定の周期関数の和として任意の周期関数を表わす
ことには,疑問をいだき,すでに大数学者であったFourierの論文も
科学院会誌への登載を拒否されたといわれる。
Fourrierは止むなく論文発表をすることなくこの研究を続け,
遂に単行本として研究成果を出版した。(矢野茂樹,1970)
-------------------------------------------------------

教訓:権威者にとらわれず,世の中に役に立つものなら,
批判にかかわらず,推進することが重要です。 Hiro


Follow Ups:



Post a Followup

Name:
E-Mail:

Subject:

Comments:

Optional Link URL:
Link Title:
Optional Image URL:


[ Follow Ups ] [ Post Followup ] [ Arienter WWWBoard ] [ FAQ ]